teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:chie  投稿日:2009年 3月12日(木)01時42分29秒
  ワンちゃんの里親を探しています。

無理なく飼える人が居るかも知れないので。
香川県の動物保護センターが閉鎖します。
それにあたって26頭の里親を探してます。
L'Arc~en~Ciel のHYDEさんも呼びかけています。


http://www.la-pace.com/
 
 

chieさんへ

 投稿者:kacchi  投稿日:2008年10月16日(木)15時57分2秒
  返信ありがとうございました。
同じです。私も、悪態をつかれて喧嘩になってしまって
疲れていて、ついつい大声で怒鳴りながら母を責めてしまいました。
母も負けじと大声でわめいて・・
化学療法を受けに病院へ行き、その帰り道の車の中での出来事でした。
私は自分が怒鳴ったことももちろんですが、母を怒鳴らせてしまったことに後悔し、
どうしてあんなことになったのか、自分が情けないです。
私は4年前に姉を肝臓癌で亡くしました。
初めて肉親を失って、ものすごく寂しくて数ヶ月は抜け殻のようでした。
もうじき桜がみれる時期・・という時に、桜の花を待たずに旅立ってしまい
何年経っても桜が咲く季節は涙が出ます。
母にとっては子供に先立たれたのですから、当時その悲しみは尋常ではなかったはずで
寝込んでしまうことも多々ありました。
私は、自暴自棄になる母に、姉ちゃんに続いてまた残される私の気持ちわかる??と言いたいんだと思うし、
母は、もう夢も希望も未来もない!!生きていたってしょうがない!!って、叫びたいんでしょうね。。
お互いにどんなに悪態ついてもこれだけは言っちゃだめだと
暗黙のうちにわかっている・・そんな気がします。
やっぱり親子なんですね。
もう一度、会話が出来るうちに
少しずついろんなことを話してみます。
あとで後悔がないように・・ですよね。ありがとうございました。
 

Re

 投稿者:chie  投稿日:2008年10月16日(木)03時50分36秒
  kacchiさんこんにちは
お母さんは心の強い人だったのですね
健常者にはわからない恐怖と苦痛の毎日でしょうからね。
でも家族もそれなりにしんどいですもんね。私も悪態つかれて喧嘩になりました。
そしたらどうせ迷惑かけてるんやと本人があっという間に諦めてしまって
あっという間に容体が悪くなり最後は誰も看取れずに逝ってしまいました。
今になってこんな話ができるようになりましたが私の心の中でずっと
私が悪いんやと色々後悔したり悩んだりしたものです。
たくさんできることはそれまでやってきたのにちょっとしたことで
末期の人間の生きるスイッチを切ってしまったのではと・・
想像がつくんですが何を言われても本当にあとで後悔がないよう
我慢と応援をしてあげるしかないと思います。
いなくなったらやっぱり寂しいですよ。
一番いいのはお母さんの好きなこと喜ぶことをまた探してみてください。
それが一時でも変わる方法ですもんね。
あなたも何か息抜きできたらいいんですが・・。
お体皆様もご自愛くださいね。
 

私の母も・・・

 投稿者:kacchi  投稿日:2008年10月16日(木)01時04分25秒
  すい臓癌といわれ、余命半年から7ヶ月といわれて、今月で7ヶ月経ちます。
自宅で療養し、月2回の化学療法に病院に通院しています。
初めて癌に気付いたときは、家族皆悲しみにくれましたが
最初から「先生の説明は全部自分の耳で聞く」と言い張って
母は全てを知り、癌と闘うんだ!と、意気込んでいました。
しかし、もう手術はできない・・・と知ると
母は、つらくやりきれない思いを抱えきれず、家族に悪態のつき放題で
この先、どう支えていけばいいのかわかりません。
できるだけ笑顔で過ごせるように、、そばに居たいのに。
悪態を聞くのがつらいのです。
 

余命

 投稿者:chie  投稿日:2007年 6月 7日(木)01時32分28秒
編集済
  余命3週間の癌末期の患者に延命治療の中止の指針案がでました。
なんか複雑な気分です。
うちの母の場合、母は自分の手帳に延命処置は受けたくないと書いてました。
でも、末期に近づき、同じ入院患者がある夜、突然状態が悪化して緊急処置したけれでも
亡くなってしまった時、「なんでもっと諦めずにしてあげないの」と
腹立たしく言ってました。「次は私やわ・・」と不安げに言ってました。
末期が近づいてきて考え方が変わっていったのかもしれません。
その何日後に母は突然亡くなりました。誰にも見取られず。
死を目の前にしてる人の気持ちって・・・
とても、複雑で、辛くて、悲しくて、耐えがたいことでありますね。
計り知れない辛さや複雑さが患者にはあるのを忘れれないと今でも私は思います。
 

Re

 投稿者:chie  投稿日:2007年 6月 6日(水)01時17分4秒
  こちらこそ、ありがとうございます。もう今年でうちは7回忌になります。そんな6年間こんなメールを時々頂くとこちらが励まされます。まだまだ奇跡はきっと続きますよ。
何よりいい薬がそばにいる家族の気持ちですから、いつまでもこの青い地球にお母様がいてくださいますように・・
 

すい臓癌

 投稿者:ともひろメール  投稿日:2007年 6月 5日(火)15時01分33秒
  はじめまして、私の母も現在、すい臓癌で入院しています。このメールを読ませていただきありがとうございました。今現在で、もう既に外科的手術の術なし、放射線治療の術なし、残されているのは2つしかない抗がん剤治療のみ!今はこれに賭けるしかありません。私の母は乳癌を乗り越え今現在、すい臓癌ですが、余命を2年以内と受けてから、その2年を過ぎました。また奇跡が起こることを心から信じています。勇気をありがとうございました。  

(無題)

 投稿者:たぐ  投稿日:2007年 5月 2日(水)17時28分3秒
  はじめまして。
自分もすい臓がんで検索してここを見つけました。
今日、検査に言った母から「私すい臓がんだ…」と報告が来ました;;
詳しい検査報告は週明けにわかるそうなんですが…
すい臓がんは分かった時点そのほとんどが余命宣告を受けると聞きました
来週明け自分が付き添いで病院に行く予定で…
今はただただ調べるほど落ち込んでいっていたのですが、
お母さんの闘病記録を読んで、なんだか頑張らなきゃ!と思いました。
一番きついのは本人なんですもんね。
自分もあなたのように母さんをしっかりと支えられるよう
頑張っていきたいと思います。
 

Re

 投稿者:chie  投稿日:2007年 1月13日(土)00時52分15秒
  ひろまさん
こんばんわ。お母様のこと残念なことでさぞかしご心痛だと思います。
でも、人間はすごいものです。最初の1・2週間はショックでどん底なきもちであふれ、
ますが少しずつ受け入れ、最終的には打ち勝とうと生きようとする気持ちが出てくるものだそうです。個人差があるので誰しもではないですがお母様もこうやって心配してくださる
家族がいるならばきっと支えに長生きされると思います。
それに、うちの母を見て本当に手術がよかったのかと思います。
結局開いて取っても手遅れでした。取ったすい臓の部分が多く、傷がいえるの大変、辛くて痛い思いをしました。切っても切らなくても寿命はおなじだったように思います。
それより母が生きたいと思ったことで命は延びます。
そんな環境をがんばって作ってあげてください。
「いいように考えるしかない」これをいつも言い聞かせてました。
 

すい臓癌で検索し・・・

 投稿者:ひろま  投稿日:2007年 1月12日(金)16時54分56秒
  はじめまして・・・ひろまと申します。
すい臓癌を調べていてコチラにたどり着きました・・・
と言うのも私の母が腹痛で今週検査入院したんです。
昨日・・・膵臓癌でながくて余命1年と宣告されました。
癌に無縁だった私は無知です。
お母様の闘病記録を読んで涙が止まりません・・・
腫瘍は既に8cmをこえ治療できる事は無いと先生に言われました。
 

レンタル掲示板
/10